2020年に日本でおすすめのVPN 3選

オンラインで安全性を維持し、日本でコンテンツのブロックを解除したい場合は、日本のVPNサービスが必要です。 VPN市場を精査し、日本で最も推奨できる3つのVPNを見つけました。

日本は著作権保護に関して非常に厳しいです。 また、米国政府と緊密に連携してきた歴史があり、米国では依然として、著作権保護に関して多くの監視活動が行われています。 デジタルプライバシーを必要とする日本のインターネットユーザーにとって、仮想プライベートネットワーク(VPN)は不可欠なツールです。 VPNを使用すると、日本居住者や訪日外国人が、世界各地のアクセス制限のあるWebサイトやオンラインサービスに繋ぐことができます。

2020年最高のVPNプロバイダー

1. NordVPN

NordVPNは2020年現在、日本で最高のVPNです。特に強力なセキュリティとプライバシーを求める人々にとって理想的です。 高度な暗号化が実装されており、TorへのVPN、二重暗号化、難読化されたサーバー、キルスイッチ、ドメインネームシステム(DNS)リーク保護などの主要な機能を備えています。 6台同時接続でも使用できます。

このVPNは、HDでのストリーミングに最適な速度でも優れています。 NordVPNは、自宅と公共のWiFiの両方で安全を確保します。 世界中のコンテンツのブロックを解除するのに最適です。 このVPNは本当に信じられないほど良心的な価格の割に、ソフトウェアは卓越して使いやすいです。 最後に、30日間の返金保証があり、サービスを完全に無料でテストできます。

2. ExpressVPN

ExpressVPNは日本で2位です。 ステルスサーバーが香港にあり、日本に近い点で優れています。 さらに、これらのサーバーの接続速度は超高速ですので、HDでのストリーミングなどのデータ集約型のタスクに最適です。

テストでは、ExpressVPNが非常に信頼できることがわかりました。 確固たる信頼性に加え、厳格なプライバシーポリシーのもと、最高水準の暗号化を実装しています。 また、サービスの利便性のために、使用状況ログは記録されず、匿名の統計情報もほとんど保持されません。 これにより、自宅や公共のWiFiでもプライバシーが十分に保護されます。 カスタマーケアは素晴らしく、ライブチャットを介して24時間年中無休で利用できます。

VPNソフトウェアは使いやすく、一般的なすべてのプラットフォームで利用できます。 3台のデバイスで同時に使用することもできます。 さらに、キルスイッチ、自動接続、DNSリーク保護など、最高の機能が充実しています。最後に、30日間の返金保証があるため、サービスを無料でテストできます。

3. CyberGhost VPN

CyberGhost VPNは日本の優れたVPNです。 CyberGhostの使いやすいアプリは、人気のあるすべてのプラットフォームで利用できます。

使用状況ログは保持されず、このVPNには優れたプライバシーポリシーがあります。 さらに、CyberGhostはルーマニアに拠点を置いています。ルーマニアは英国や米国などの侵略的な政府の手の届かないところにあります。 VPNは、DNSリーク保護とkillswitchを完全に実装しています。

最後に、VPNはHDでの超高速なストリーミングを提供し、サービスを無料でテストするための30日間の返金保証があります。

最高のVPNサービスの選択:これらのVPNのランク付けと比較

何百もの甲乙つけがたい、優れたVPNがひしめく中で、どのようにして最適なVPNを選択しますか?それを示すために大変労力を費やしました。これらのうち300以上をテストし、最高のVPNをここでコンパイルしました。私たちの詳細なレビューでは、正しい選択をするために必要なすべての重要な基準を考慮の上、皆さんが正しい選択をするために必要な情報を惜しみなくお伝えします。

安全保障
最高峰のVPNは、プライバシーとセキュリティという2つの重要な観点を満たしています。紙で提供していないプロバイダーを見つけるのは難しいでしょうが、実際には状況が異なる場合があります。

ログなしポリシーが検証されたVPNは、デジタルフットプリントの安全を保証します。ログなしポリシーでは、閲覧中にデータが勝手に収集、保存、共有されることはありません。それはあなたをのぞき見から保護し、あなたのプライバシーを保護し、それは私たちのVPNランキングの主要な基準の1つとなっています。

速度
最高のVPNのレシピに欠かせないもう1つの要素はスピードです。 VPNを使用すると、トラフィックが追加のサーバーを介して送信され、速度に影響します。すべてのVPNは何らかの方法で速度を低下させます。実際に問題となるのは、どの程度、速度が低下するかです。最速のVPNサービスは、接続品質への影響が殆どありません。迷惑なラグやバッファリングなしに、ブラウジング、トレント、ストリーミングを行うことができます。

非常に高速なVPNは、ISPスロットリングの克服にも役立ちます。あなたは最初からより速い速度のままで済むかもしれません。

ストリーミング
ストリーミングといえば、VPNは、Netflix、Hulu、BBC iPlayer、DAZNなどのプラットフォーム上のすべてのコンテンツにアクセスするための一般的なソリューションです。このようなプラットフォームでは、地域によってサービスが制限されますが、適切なVPNサーバーに接続すると、お気に入りの番組へ繋がります。

トレント
VPNは、特に急流が禁止されている国で、急流ファンにも役立ちます。ルールを守ったとしても(そうすることをお勧めします)、追加の保護なしでトレントを使用すると、貪欲な著作権トロールやハッカーにさらされる可能性があります。

P2P接続は安全ではありませんが、トレントに適したVPNを使用して接続を変更できます。実際のIPアドレスをマスクし、トラフィックを暗号化の層の背後に隠すことで、トレントのダウンロードに伴うすべての脅威を回避しながら、メリットを享受できます。 VPNの比較では、P2Pプロファイル、SOCKS5プロキシ、トレントクライアントでの簡単なセットアップなどのトレント機能を確認しました。

検閲
最後に、検閲について話しましょう。 VPNを積極的にブロックしようとする国でVPNが機能している場合、信頼できるプロバイダーに到達したことがわかります。調査中、特別な機能と設定を追加の難読化のために調査しました。私たちのリストのトップVPNサービスは、中国、イラン、UAEのような検閲の多い地域で実証されています。

他の多くの要因が最終的なランキングで重要な役割を果たしました。これには、サーバーネットワークのサイズ、暗号化、セキュリティ機能、使いやすさ、そしてもちろん価格が含まれます。私たちは、VPNのレビューとテストのためにあらゆる詳細を調査する費用を惜しみませんでした。

無料VPNと有料VPN:無料VPNは安全ですか?
オンラインプライバシーの権利を購入する必要はないと主張する人もいます。理論上はその通りですが、実用面を考慮すべきです。

VPNプロバイダーは、何かと引き換えにサービスを提供します。そして、それがお金ではない場合、大概はその対価となるサービスの品質は劣っています。本当に無料のようなものはありません。製品の代金を支払っていない場合は、あなたが製品を使用できなくなる可能性があります。

悲しいことに、ほとんどの無料VPNには深刻な使用上の制限があり、ユーザーのプライバシーとセキュリティに深刻な脅威をもたらします。遅い速度や帯域幅の制限から迷惑な広告、さらにはデータの販売まで、無料のVPNを避けるべき理由を挙げるときりがありません。

たとえば、Holaという無料のVPNサービスは、本質的には、ピアツーピアファイル共有を使用してユーザーのトラフィックを再ルーティングする優れたプロキシです。帯域幅が共有されるだけでなく、Holaはブラウジングセッションからほぼすべてのデータを収集してログに記録します。彼らの「プライバシーポリシー」では、第三者、関連会社、パートナーとデータを共有することも規定されています。

すべての無料VPNが悪いわけではありません。私たちは数十の無料サービスを厳密にテストし、安全に使用できるいくつかの無料VPNを見つけました。しかし、それで十分でしょうか?

有料のVPNが提供する追加の価値を見ると、おそらく無料のサービスは欲しいとは思わないでしょう。理由は簡単です。プライバシーを保証し、必要なサーバーと機能を提供するプロバイダーが必要な場合は、無料のVPNに失望するよりも数ドル支払う方がよいでしょう。

割引契約やクーポンコードを利用すると、有料VPNの全体的なコストを大幅に下げることができることに留意してください。これにより、ポケット交換のプレミアムサービスを利用できます。

多くのトップVPNサービスは無料の試用版も提供しているため、無料でサービスをテストできます。ほとんどが返金保証も提供しているため、リスクのないテスト期間を設けて、サービスが満足できるものであるかを確認できます。

⚠️VPNの使用は合法ですか?
VPNは違法行為に用いられるため、ソフトウェア自体が法律に違反していると信じている人が多くいます。しかし、これは真実ではありません。

95.9%の国でVPNを使用することは合法です。 しかし、以下の国々ではVPNの使用は違法です(または灰色の領域に分類されます)。

中国
イラク
イラン
ロシア
ベラルーシ
七面鳥
オマーン
アラブ首長国連邦
VPNの使用はごく一般的です。多くの企業がそれらを使用して機密データを保護し、ハッキングのリスクを低減し、さまざまな国で市場調査を実施しています。

犯罪行為を行っているときにVPNの背後に隠れることは違法です。しかし、これはVPN自体の問題ではありません。特に、数百万人がセキュリティとプライバシーのためにこれらのサービスを使用している場合はなおさらです。

✔️VPNを使用しても安全ですか?
VPNはほとんどの国で安全に使用できます。ただし、ルールを守り、問題を回避するのはあなたの責任です。

ただし、次の場合はリスクを負う可能性があります。

政府が許可するVPNのみが使用可能な国で、政府が許可していないVPNを使用している。
ログを保持するか、キルスイッチがないVPNを使用して著作権で保護されたコンテンツを急流している。
VPNを使用するにはどうすればよいですか?
VPNの使用は簡単です。ソフトウェアをコンピュータまたはモバイルデバイスにダウンロードし、セットアップガイドに従ってください。ほんの数分しかかかりません。

ほとんどのVPNサービスはユーザーフレンドリーで、直感的なインターフェイスとわかりやすい使用方法を備えています。リストから安全なサーバーを選択するか、クイック接続機能がある場合はVPNアプリに最適な場所を選択させるだけです。

VPNの経験がなくても心配はいりません。特に、詳細な初心者向けガイドの手助けがある場合は、思ったよりずっと簡単です。

VPNの費用はいくらですか?安価なVPNを入手できますか?
ありがたいことに、プレミアムVPNは高額ではありません。毎月のサブスクリプションは高額ですが、長期間の支払いの場合、月額3〜7ドル相当で済みます。

実際、最高品質のVPNサービスを月額3ドル未満で手に入れることができます。

また、多くのVPNは無料の試用版を提供しているので、それらのサービスが安全性とストリーミングのニーズを満たしているかどうかをテストできます。

ほとんどが返金保証の返金ポリシーも持っています。選択したサービスに応じて、満足できない場合は7〜45日以内にリスクなしでサービスをキャンセルできます。

お得な情報やクーポンコードを使用して、サブスクリプションを節約することもできます。

VPNの代わりにTorまたはプロキシを使用できますか?
Tor、プロキシ、VPNは3つのまったく異なるタイプのソフトウェアで、同じ用途に活用できる場合があります。詳しく見てみましょう。

Tor(The Onion Routerの略)は、複数のボランティアサーバーを介して接続をバウンスする匿名化ネットワークを利用しています。このプロセスでは、ユーザー(およびデータ)の追跡がはるかに困難になるとともに、速度が低下します。 Torは非常に複雑なので、詳細やヒントについて知りたい場合は、Torの究極のガイドをご覧ください。

VPNと比較すると、Torには欠点があります。無料で使用できますが、暗号化が弱く、接続が遅くなります。TorとVPNを同時に使用して、両者の利点を活かすことが良いでしょう。安定したVPNはTorの弱点を取り除き、Torはあなたのプライバシーを改善します。